短期的アルバイトのメリット

副業をしたいという人からしてみると、やはり長期的なアルバイトに魅力を感じることになると思います。毎日のように少しずつアルバイトをこなしていくことで、定期的に副収入を得られるという魅力はかなり大きいでしょう。しかし、長期的なアルバイトの魅力が大きすぎることによって、「短期的なアルバイトの魅力」を見落としてしまうのはあまりにももったいないといえます。
短期的なアルバイトの魅力はどこにあるのかというと、やはり「一気に高収入を得られることが多い」というところにその最大の魅力があるといえるでしょう。それに、やはり本業がある人にとって、長期でアルバイトをするというのは、定期的な収入を得ることができる反面、体力的に少々厳しいものがあるというのが実際のところでしょう。
本業は当然毎日しなければならないわけですが、それに加えて副業も毎日のようにこなすというのは、特に本業でストレスを感じてしまっているという人にとっては、そのストレスをさらに大きくしてしまう可能性があるのではないかという気もします。
そして、長期的なアルバイトが物理的に不可能であるという人にとっても、短期的なアルバイトであればこなすことができるという点で、そのメリットは想像以上に大きいといえるのです。だからこそ、近年では、長期的なアルバイトよりもむしろ短期的なアルバイトに注目する人が増えてきているのです。
それに、やはりメンタルの面でも、ストレスを蓄積しやすい長期的なアルバイトよりも、むしろリフレッシュしやすい短期的なアルバイトのほうがメリットが大きいと考えられるのは当然であり、「ストレス社会」などともいわれる現代を生きる人々にとって、短期的なアルバイトはそれだけ好都合な場合が多いといえるのです。

変わり種の副業

副業にもいろいろな副業があるということは、みなさんのほうがむしろ詳しいのではないでしょうか。ただ、中には、「それって、ホントに副業なの??」と驚いてしまうような業態の副業もありますので、今回はそういった「変わり種の副業」についてお話したいと思います。
「副業とは思えない」というフレーズで真っ先に思い浮かぶのが、「ポイントサイト」の活用です。しかしその手軽さとエンターテイメント性の高さから、主婦などをはじめとして非常に多くの人が利用しているというのも実際のところです。とはいっても、ポイントサイトを「副業」とみなすよりは、副業の合間のちょっとした息抜きの時間をポイントサイトにつかうといった方向で考えたほうが、プラスは大きいといえるでしょう。
ポイントサイトほどではないにしても、やはり「副業」という性質からはやや遠いと言わざるを得ないのが、「アンケートサイト/モニターサイト」です。アンケートに参加してポイントをためたり、いろいろな商品やサービスのモニターになったりして報酬をもらうといった趣旨になりますが、これも、お小遣いほどもためることができないというのが実際のところでしょう。
また、副業というよりはギャンブルに近い発想なのが、「懸賞応募」です。「懸賞」というくらいですから、万一当選したとしてもそれは「報酬」とは呼ばない以上、やはりこれを「副業」ととらえるのは正直無理があると思われますが、しかし実際には、副業のジャンルには必ず顔を出すという印象もあります。
上記にくらべると一番副業に近いのが、「治験」です。「治験」というのは、主に新薬の開発の臨床検査の最終段階に、実際にその薬を利用してその効果を調べるというボランティアになります。世のため人のためになるボランティアですから、興味ある人は積極的に参加してみてもよいのではないでしょうか。

文章力に自信があるなら、コラムニストの副業も

以前から自分でブログなどを書いてきた私が最近始めたのが、コラムニストの副業です。
情報誌などは紙媒体が中心だった以前は、コラムを書くといえば新聞社や情報誌の編集局と契約しなければならず、素人が簡単にやってみるということは難しかったと思います。しかし、インターネットが一般的になってからは、ネット上でたくさんコラムというものが読めるようになっているため、コラムニストの需要が高くなっています。
あなたがよくネット上で目にするまとめ記事なども、実は在宅で副業をしている人たちが書いていたりするというわけです。
もちろん、人に読ませるわけですから、それなりの文章力が必要となります。ある程度は人に訴えかけたり、納得させたりする構成力も必要でしょう。とはいえ、そういった実力さえあれば、経験がなくとも仕事を受けることができるというのはメリットです。
今まで副業としてキーワードライティング等をしていた人は、文章を書くということには慣れているので、挑戦してみても面白いかもしれません。ただし、キーワードライティングの評価ポイントは、定められたキーワードをいかに盛り込むのかであって、コラムとは少し異なります。コラムは、読みやすい文章で、かつ読んでいて楽しい、興味を持った、と思ってもらえるということが重要です。
まずはタイトルで目を引き、本文はストーリー性を持たせて面白いと思わせるというテクニックがいるので、このあたりがキーワードライティングにはないやりがいになっていくかもしれませんね。
このように文章を書くという仕事にも種類があります。コラムニストの副業に興味のある方は、いままでなんとなく読んでいたネット上のコラムを、書き手の視点で読んでみるというのも、参考になるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ